本当にまゆから出るよ 今度こそ

なついてしまい さみしいです

会うは別れの始まり
わかっちゃいるけどやっぱり寂しい〜
話しててこんなにinteresting なお方も珍しいかも
同じ体験をしても
こちらはとめどない感想がどチャーっと湧いて来るだけなんだけど、やっぱり常に断捨離的生き方をしているからなのかなぁ、余計なものは削ぎ落とされ俯瞰され、ささーっと整理されていくのでしょうかね

「あぁそういうことだったんだ!」と思わぬ真髄がスパーっと見えても来るようで

その様子が言葉になって出て来るのを聞いてるのが楽しい

そことここがつながるんだ!というのが目の当たりにできてワクワクする

しかもそれが一夜あけたら

もう一段階高い視点で文章になって目の前に現れる!

なんて刺激的なんだ

 

そして、
本当にご機嫌な人物だった 小さなことでもいちいち喜んでくれるので、
こっちも嬉しくなってくる。
かと言って疲れるような気遣いの仕方もゼロ

「いつもそんなふうにごきげんなんですか?」と聞いてみたら

「うん大抵はごきげんかな。
ま、怒りはするけどね」

断捨離のやましたひでこさんは一体何に怒るのか

人の命が檻の中に閉じ込められているような状態

他人から与えられた檻
知らず自分で作ってしまった檻
もう檻の鍵はずいぶん昔にはずれているのかもしれないのに
気づかない
あるいは気づかないふりをする

自分で檻を出る決断をくださない、、、

そんな命を目の当たりにした時、師匠の心の空手チョップが飛ぶ!

私も、もうまゆ友の応援をしているフリはやめて、自分こそがちゃんと繭から出る!

あれ?

大騒ぎで本当の自分宣言 してもう出たんじゃないの? って

半世紀もかけてつくりあげた檻やまゆは なかなか

はい、突然いきなり100%さようなら とはならないようで

行きつ戻りつ

でも、まさに3歩進んで2歩下がる

1歩でも前進してればヨシヨシと自分をほめて育てて

我 の 道を歩いてゆくのでござる

ひでこさん

すっかり懐いてしまって、やっぱりちょっとかなり寂しいです

ひでこさんが書いてくださったブログはこちら

http://ameblo.jp/danshariblog/entry-12070658658.html

AUTHOR

プロフィール写真
片岡 桜子 / Sakurako Kataoka

神戸生まれ。
25年前、関西TVニュースキャスターの仕事を辞し渡米。

その後ニューヨークにて、FM802、フジTV、NHKのリポーター、ハリウッドスターのインタビューなどをつとめ、またアメリカ大手金融業界にも籍をおくなど、数々の仕事に従事。

40才で結婚、43才で出産。

現在子育てをしながら「やりたいことを遠慮せずにやる」NY発信のパーソナルメディア「sakurako.TV」主宰

インタビュー番組「まゆともトーク」を自主制作しYoutubeで放送中。

公開日:2015/09/06

最終更新日:   2015/09/09