口角のあがる引き出しに変身

さくラボ

箸置きで感じた「今、ここ」感?

珍しく続いている、朝プチ断捨離の流れで

今朝は箸置き

 

毎回片付けるたびに、置き場所や、箸置きを入れる器は変わっても

箸置きのメンバーそのものは変わらなかったような

考えもしなかった

中身を吟味などすることもなく、そのままキープしてきた

でも

 

今回あらためてメンバーチェック

画面左上

12524193_757290681072232_2668312578819111479_n

ぎうぎうの引き出しの、その奥の

ボールの中に無造作に放り込まれた箸置きたち

 

その中には、、、

いただいた夫婦たぬき箸置き

嫌いじゃないけどすごーく好きでもない

ほとんど使ったこともない

でも、確か頂いたのが新婚時代で

物が夫婦だぬきだけに、それを手放したらバチが当たりそうで

手放すなんて考えられなかった

そんな、、、たぬきの箸置きを手放したくらいで

ダメになる夫婦仲なのか!? だよね

そして

 

確か20年ほど前になぜか一個だけ買ったサンリオ(?)クマの可愛い系箸置き

クマは子供が喜ぶかとずっととっておいた。使用回数ゼロ。そして彼はすでに12才

すでにそれを使わせたら怒る年頃

 

たぬきとくま、今回は手放すことに決める

ありがとう、さようなら

 

こうして手元に残った

猫と亀とさくら (どんだけ動物好きなんだ?)

 

もう一度洗って、丁寧にふいて

ひとつずつそろっと

白いカウンターの上に置いていった時

あっ

感じてしまった

 

片付いてきれいにしてある(このところ毎日手をかけてるからね〜♪)

白いキッチンカウンターの上に

ひとつずつそっと置いた時

一瞬

あぁ本当にそこに「ある」 って

 

おもった

 

今、ここにいて

この箸置きをただ拭いてそこに「置く」

ゆっくり 丁寧に それだけをやる

 

急がなくていい

どこへも行かなくていい

何も解決しなくていい

 

「今、ここ感」とでもいうか

この心地良さ、このどことなく心が整う感じは、、、

何かに似ている!!

 

そうだ!

やっぱりこれだ!

030_R

 

あるべき物があるべきところにあって

それを、ひとつずつ大切にていねいに扱う

命あるもののように、リスペクトをもって

そこに、、、「置く」

 

すでにきれいなのだけれど

自分の心を磨くために ふく=清める

 

たかが箸置き、されど箸置き

似てたんだなぁその感覚が!

 

それは捉えどころもなくて、言葉にしようとすると

すぐに消えてしまう

溜め込み体質、元収納の帝王、維持管理三日坊主の忘れん坊

そんな人間が語るには

あまりにもあやふやなこと

 

でも

感じちゃったんだから仕方がない

 

物と心と行動がひとつになったとでもいうか

曇ってたメガネがさっと晴れて、突然

「よく見えた!」みたいな

不思議な一瞬だった

 

箸置きの数は減ったけど

かえって豊かな、、、地味だけど

死んでいた関係が息を吹き返した瞬間

 

引き出しの中にひいたマットの上に

そろっと置くたびに

ひとつひとつが、ものすごく特別なものに思えてくる

 

12552675_757285227739444_7569867009376357618_n

 

そして、思い出した

本の写真でみた断捨離ファンの間では有名な

断捨離ハウスのキッチンの引き出し!

あれを初めて見た時は、新鮮な驚きだった

なんだこれは! と思ったなぁ

 

特に箸置きが!

可愛いのが少しだけ チョン♪ちょん♪チョン♪ちょん♪

と置いてあって

images

「ほんまかいな?」

「これで生活ができるのか!してるのか?」

(ごめんなさい)

 

引き出しまでこんなすっきりしてたらどんなに気持ちいいだろう

でも、、、

所詮わたしには無理

違和感ありすぎ

レベル違いすぎ

 

と、思った気がする

あれから数年の月日が流れ

 

今だに何度めかの断捨離に挑戦しては

開かずの間を解放し、維持を忘れ意識が多忙な外の活動に向き

気がついたら「あらま〜」と残念な状態に

解放したはずの元開かずの間は元の木阿弥

一念発起してまた開けて、、、を

繰り返しているのが現状で

 

年明けからの朝断捨離も いつまで続くか怪しいわたしで

家のほかの部分はなんじゃらほいで

まったくの一点断捨離主義なんだけど

 

でも

ここに喜びを感じているわたしがいる!

12552675_757285227739444_7569867009376357618_n

いわゆる断捨離ふうを、真似して

人に見せるためじゃなくて

 

「自分が気持ちいい」を形にしたら こうなった!

まさか、わたしにこんな日が来るなんて!

 

快挙

 

引き出しをあけるたびに

口角があがる あがるぅ

12507130_757906637677303_5652675764715977640_n

 

 

 

 

 

 

AUTHOR

プロフィール写真
片岡 桜子 / Sakurako Kataoka

神戸生まれ。
25年前、関西TVニュースキャスターの仕事を辞し渡米。

その後ニューヨークにて、FM802、フジTV、NHKのリポーター、ハリウッドスターのインタビューなどをつとめ、またアメリカ大手金融業界にも籍をおくなど、数々の仕事に従事。

40才で結婚、43才で出産。

現在子育てをしながら「やりたいことを遠慮せずにやる」NY発信のパーソナルメディア「sakurako.TV」主宰

インタビュー番組「まゆともトーク」を自主制作しYoutubeで放送中。

公開日:2016/01/15

最終更新日:   2016/01/23