断捨離は胸椎7番を鍛える!?

さくラボ

残す 手放す 残す 手放す 

残す 手放す 残す 手放す

残す て、て、て、 え〜い今度こそ 手放す!!

 

毎朝 ほそぼそ地道に朝プチ断捨離

30分以内 6割目標 でほそぼそ続いている

知らないうちに毎日少しずつ

ちいさなちいさな「決断」を積んでいたということらしい

 

そして数日め

あれは確か箸置きの数を減らしていた時だった

対象品目は 夫婦だぬきの箸置き

 

この15年間で実際に使った覚えはない

でも、新婚時代に大事に思ってる人から頂いたもので

なんとなく二重にバチが当たりそうな気もしていた かも

 

「たたり系」は手強い

 

しかし

箸置きを手放したら、離婚するのか私たち夫婦?

くださった方にもそれで縁をきられるのかい?

 

と自分に聞き

いいや

手放しても私は大丈夫!

と、自分で決めた

 

その時、なんだかなんだか

昨日より 箸置き一個分だけ

潔い、清々しい自分を感じた というか

 

もっと感覚的にいうと

背骨が立ってくるような

感じがした

少しだけだけどね オーバーなんだけどね でも

実に新感覚

 

そのことを、フェイスブックのコメント欄に書いたら

なんと、本家断捨離のやましたひでこさんがコメントを残してくださって

そのことにもびっくりしたけど何よりも

その内容にびっくり!

 

「そうなんです、桜子さん。

選択決断は胸椎の7番を鍛える

のですよ、特にね!」

 

えーーーーーー!

 

12524027_761368043997829_3969675411162207807_n

 

本だけは読み込んでるので

断捨離のことは ペーパー免許でも

かなりわかってるつもりでいた

 

いやいやいやいやいや

過去に何度かガラクタ処理の大量ゴミ袋手放しで

断捨離をした気になっていた

 

いやいやいやいやいやいやいやいや

実践で、選択決断を繰り返すことで

自分軸を取り戻していくと

体まで筋金入りになっていくってことなのね〜

どうやら断捨離のお楽しみはこれからのようで、、、

 

断捨離ってそういうことだったんだ (と今ごろ気づくペーパー断捨離アン)

でもなんだか、改めてうれしい〜!

 

(写真は、やましたひでこさんの東京邸キッチンのピカピカ

ひでこさん 勝手にすみません)

 

 

 

AUTHOR

プロフィール写真
片岡 桜子 / Sakurako Kataoka

神戸生まれ。
25年前、関西TVニュースキャスターの仕事を辞し渡米。

その後ニューヨークにて、FM802、フジTV、NHKのリポーター、ハリウッドスターのインタビューなどをつとめ、またアメリカ大手金融業界にも籍をおくなど、数々の仕事に従事。

40才で結婚、43才で出産。

現在子育てをしながら「やりたいことを遠慮せずにやる」NY発信のパーソナルメディア「sakurako.TV」主宰

インタビュー番組「まゆともトーク」を自主制作しYoutubeで放送中。

公開日:2016/01/24

最終更新日:   2016/01/26