物との関係は、それをくれた人への私の本音に似てる?扉1

さくラボ

食器棚1少なくした途端、物は際立つ 戸棚2

今日は(も)難関 食器類

 

同じ棚の上に 和物も洋物も一緒に詰めてあった

煩雑に詰め込まれ

奥のものは存在も忘れ去られ、、、

 

あぁああああと

自分で自分が嫌になるースパイラルを ぐっと止めて 責めない

ただやる

淡々とやる

 

いつものごとく 全部出して

12662024_763895253745108_7392257423134740781_n

ひょえ〜

あぁ恥ずかしい けど

萎えそうになるところが踏ん張りどころ

 

まず棚をふいて

 

昨日一気に主役に躍り出たピンクのティーカップ

http://sakurako.tv/post-1599.html

を試しにひとつ鎮座させてみた

12647206_763904747077492_2136969915956156757_n

 

「あらっ いい感じ〜」

 

しかし、さすがにひとつは、、、

あ、そういえば、別のところに 雰囲気の似たのがあったと思い出し

試しに三つ揃えて並べてみたら

12650934_763916237076343_6162500556150408744_n

 

 

まあ、ちょっと真ん中は雰囲気が違うけれど

インテリア雑誌の写真撮ってるわけじゃなくて、

実姉がニューヨークに遊びにきた時に記念におそろいで

買ってくれて、これでお抹茶飲んだりしてるので、このまま続行

 

それにしても数をしぼるって すごいかも

広い棚に敢えてたった三つだけ

12650934_763916237076343_6162500556150408744_n

詰め込むんじゃなくて そうやってそっと置くと

突然、それらひとつひとつが際立つ瞬間があるね

蘇生する というか

ひとつひとつの価値があがる感じというか

ちょっとラグジュアリーな感じ

一般市場的には、そこまで高価なものではないのだけれど、それでも

 

選ばれた物たちが、胸をはって饒舌に語り出す

 

「わたしをみなさい!今こそ味わいなさい! この美しさを!」

 

思わず詳細に目がいく

 

問題は一番右の小さなボール

12573876_763895300411770_8626935525957723415_n

今まであまりちゃんと じっくりとは見てなかったな〜

 

だって

義理の姉

からもらった物だから (ごめん)

うまく付き合ってると思うけど、つまりはうまく付き合ってる関係なんだよね(ごめん)

 

というようなことで、

物はいただいたものの、、、

ちゃんと「受け取って」もいなかった

だからちらっとみただけで

物との関係は、それをくれた人への私の本音に似てる?

のかも(きゃあ、こわー)

 

今日改めて手にとってみてみたら

細部にわたり

 

「やっぱりこれ、かなりきれい」

 

普段はみんなに土産を買ったりするタイプじゃないのだけれど

ロンドンに出張に行った時に

何を思ったかこれをひとつ買ってきてくれた

私のために

 

「何に使うのかわからなかったけど、きれいだったし

好きそうだったから」

 

と言ってくれたのだ。

たしかに、、、けっこう、、、好きかも

義理姉、改めて、、、今頃だけど、、、ありがとう

 

ま、しかし

家族が気に入ってるカップもあるわけで、最終的にはこうなるのだけれど

12650948_763916357076331_8343868181646524610_n

 

潔さには欠けるものの

元祖、収納の帝王にしては上出来、上出来

 

私にとって

 

見てたのしい

使ってたのしい

そんな戸棚になりました

 

 

 

 

 

 

 

AUTHOR

プロフィール写真
片岡 桜子 / Sakurako Kataoka

神戸生まれ。
25年前、関西TVニュースキャスターの仕事を辞し渡米。

その後ニューヨークにて、FM802、フジTV、NHKのリポーター、ハリウッドスターのインタビューなどをつとめ、またアメリカ大手金融業界にも籍をおくなど、数々の仕事に従事。

40才で結婚、43才で出産。

現在子育てをしながら「やりたいことを遠慮せずにやる」NY発信のパーソナルメディア「sakurako.TV」主宰

インタビュー番組「まゆともトーク」を自主制作しYoutubeで放送中。

公開日:2016/01/30

最終更新日:   2016/05/03