Our Beautiful World Challenge #3

BLOG

Our beautiful world challenge #3
(主旨:私たちの星地球の美しさをみんなで再確認して、守っていこう!)

日本の福川 敦子さんからつないでいただきました

 

上の写真はハワイ マウイ島 ハレアカラ山頂 での夕焼け

ハワイ語で太陽の家という意味のある山
そしてこれはマンハッタンイーストリバーから登る朝陽

12647523_763392980462002_6437631107366960050_n

科学的な事実はおいておいて、、、
それにしても
どうして太陽は、毎日毎日飽きもせずに
この登場、退場を世界各国で
ドラマチックに美しく演出するんだろう

 

受け取るものはその時々で、人それぞれ
でも、その核となるメッセージは

「それでもずっと応援してるよ」
「いつもちゃんと見守ってるから」
「大丈夫 Don’t worry」

それ以外にないと私は思ってる

でなかったら
私たちはその美しさにただただ
心洗われたり
元気や勇気をもらったり
うっかり恋に落ちてしまったり

思わず踊り始めてしまったり

しないと思うんだわ

10885524_576599305808038_3135412426600972948_n10885311_576599655808003_3347971184861381598_n

なんだか、そこのところに「愛」を感じてしまうのは私だけ?
言葉にしてしまうとつまらないけど、、、
また左脳チームにやんやか言われそうだけど
またまたそれを横においといて

こんなに美しい星に生まれて
それだけで幸せなことなのに
それでも毎日
右往左往して

生かされていることなど
普段は忘れて
性懲りもなく大喜びしたり落ち込んだり
尽きない欲にむしばまれて
自分の住む星を汚して傷めて破壊して
殺し合って、、、
かなり情けないわたしたち

「それでも守っているよ」

532439_220154011452571_847500853_n

この地球上にいろんな目に見える格差はあるのだけれど
でも、太陽だけは(月!星!空気!土!もだけど)
世界中の、どの人もみーんなが持っている

世界中のみんなが平等に持ってる。
当たり前みたいだけど、これってすごいと思いませんか

あの朝陽もその夕焼けも
平等にみんなのもの

しかもタダ!

なんて!なんて!豊かなんだろう

いつも当たり前にそこにいてくれる
すべての命のお母さん

生かされてるわたしたち
守ってもらってるわたしたち

理屈じゃなくて
わたしたちは深いところでみんなその「愛」を

知っている

思わず手をあわせてしまう

10891941_576599132474722_865892037403716380_n

AUTHOR

プロフィール写真
片岡 桜子 / Sakurako Kataoka

神戸生まれ。
25年前、関西TVニュースキャスターの仕事を辞し渡米。

その後ニューヨークにて、FM802、フジTV、NHKのリポーター、ハリウッドスターのインタビューなどをつとめ、またアメリカ大手金融業界にも籍をおくなど、数々の仕事に従事。

40才で結婚、43才で出産。

現在子育てをしながら「やりたいことを遠慮せずにやる」NY発信のパーソナルメディア「sakurako.TV」主宰

インタビュー番組「まゆともトーク」を自主制作しYoutubeで放送中。

公開日:2016/01/31