魂が喜んでる

BLOG

12705607_773776029423697_2741272180839998524_n

エゴ2割としても

よく内容がわからないワークショップにそれでもいってしまう
出されたお題が
人前で語りながら体も動かす みたいなことだった

今まで似たような場面に遭遇しても
即興な話なので
さすがの私も
言葉の壁、文化の壁 ちょっと怖かった
伝えきれないかも


日本語のようには豊かに使いこなせない外国語で
つまってしまえば、そこでエネルギーが切れてしまう

しゃれた言い回しもとっさにはでてこない
英語を整えて練習して覚えてやるなら別だけど
と、いつもスルーしてきた

でもよく考えたら
去年の公演の中でもちょっとやらせてもらった
ボディームーブメントみたいなことだったので
(みてくださった方しかわからない話ですが)

NYでは、あの「本当の私宣言」公演はcrs でやらせていただきました

奇跡のコースを伝え続けておられる香咲弥須子先生が

「アメリカでも通用する内容だと思うのでいずれは英語でも、、」などと恐ろしいことを

言ってくださったんだけど それはうーんと先のことで、、、 でも

 

「あら 考えようによっては
格好の発表の場が、目の前に、、、」

と思ったのか、今日はなぜか魔がさしてやけに自然と飛び込んだ

自分を無理に奮い立たせることもなく
二回も

リハもなく、お稽古もなく、台本も何もなく
若干の組み立てはあったものの
自分の中から出てくるものでぶつかってみた

そうしたら
二回とも
狙ってないのに
どっかーんどっかーんみんな笑うし
終わってみれば
パフォーマンス大会ではないので、拍手はなしという決まりだったのにもかかわらず
拍手はわきおこるし

涙しながらハグしてくる人がいたり
「やってくれてありがとう」と言いながらハグしてくれたり
「まるで私自身のハートが話してるみたいだった」とか
「ここにいるみんなに共通していることよ」とか
「録画しといたらよかったねえ」とか
「実にパワフルだった」とか
「シアターやってるの?」とか

いろんな人がわざわざ言いにきてくれたり
手をあわす(?)人までいたり(笑)

その時点まで借りてきた猫的だったので
ショックバリューもあったかとは思うけれど

でも、狙って考えて計画して、ここで笑わせようとか
感動させようとか
計算したわけでなく

今ある私の奥の方から湧いた想いが

私の体と言葉を通して表にでて、それが
このニューヨークの地で
言葉も、文化も簡単に超えてお礼のハグまでもらえた2分間

二度とおんなじことはできないかもしれないし
証拠の写真もないけれど

一瞬目の前にいる、肌の色も年齢も性別も違う人たちと深くつながることができた魂が
すごくすごく喜んでるのがわかる

AUTHOR

プロフィール写真
片岡 桜子 / Sakurako Kataoka

神戸生まれ。
25年前、関西TVニュースキャスターの仕事を辞し渡米。

その後ニューヨークにて、FM802、フジTV、NHKのリポーター、ハリウッドスターのインタビューなどをつとめ、またアメリカ大手金融業界にも籍をおくなど、数々の仕事に従事。

40才で結婚、43才で出産。

現在子育てをしながら「やりたいことを遠慮せずにやる」NY発信のパーソナルメディア「sakurako.TV」主宰

インタビュー番組「まゆともトーク」を自主制作しYoutubeで放送中。

公開日:2016/02/21