311をきっかけにみつけた使命

まゆとも

SANYO DIGITAL CAMERA

「何か、何か自分にもできないか!?」

長谷川純子さん(主婦)

「うちの子はいつもこの時間に帰ってくるから、だからここで待っている、帰ってくるまで、ずっと」

と、震災直後、テレビニュースの中で語るお母さんの言葉に、長谷川さんは打ちのめされた。

 

場所は日本とNY、離れていても気持ちは母の想いは同じ。

痛いほどわかる。

「何か、何か自分にもできないか!!」

 

いてもたってもいられなくなった長谷川さんは必死で考えた。

今の自分が、持っているもの。好きなもの。

着物が好き、お茶が好き、自分が住んでいる町(マンハッタンの中のルーズベルトアイランド、桜並木がある)が好き

その好きなものを全部あわせて何か。

 

そうやってうまれたのが、ルーズベルトアイランドで初めてのチャリティーさくらまつり

着物好きに着物姿で町を歩いてもらって写真撮影会や

和楽器の演奏会

 

経験もなにもなかった長谷川さん、地元の人をまきこんで、数々のマジックを起こしながら

ついに、まつりを成功させ

寄付することに成功したのです。

 

そんな長谷川さんにお話しを伺いました。

AUTHOR

プロフィール写真
片岡 桜子 / Sakurako Kataoka

神戸生まれ。
25年前、関西TVニュースキャスターの仕事を辞し渡米。

その後ニューヨークにて、FM802、フジTV、NHKのリポーター、ハリウッドスターのインタビューなどをつとめ、またアメリカ大手金融業界にも籍をおくなど、数々の仕事に従事。

40才で結婚、43才で出産。

現在子育てをしながら「やりたいことを遠慮せずにやる」NY発信のパーソナルメディア「sakurako.TV」主宰

インタビュー番組「まゆともトーク」を自主制作しYoutubeで放送中。

公開日:2012/05/08

最終更新日:   2015/02/13