古代ぎれに再び命を与える仕事人  栗崎和風さん、栗林桐子さん

まゆとも

着物の話なら夜を徹して、、、

2012年4月ニューヨークで合同個展を開催した二人のアーティスト

栗崎和風さん と栗林桐子さん

前回の長谷川純子さんとのまゆともトークを撮影した会場で

まさにふたり個展を開催中だったおふたり。

本来、予定ではなかったのだけど、なんだかとってもっても素敵で

ついつい、トークをお願いしてコロコロっとそういうことになった

不思議なご縁でした。
古代裂とよばれる100年、200年以上の時を経た江戸時代の着物やその生地が
お二人の手によって愛らしいおひな様のお着物へ、あるいは おしゃれな洋服や小物へ と
その姿を変えることで新しい命をうけとり、次の世代に引き継がれていこうとしています­。着物の神様に呼ばれてしまった女が三人よれば、、、さて、どんな話になってしまうの­でしょうか?

 

AUTHOR

プロフィール写真
片岡 桜子 / Sakurako Kataoka

神戸生まれ。
25年前、関西TVニュースキャスターの仕事を辞し渡米。

その後ニューヨークにて、FM802、フジTV、NHKのリポーター、ハリウッドスターのインタビューなどをつとめ、またアメリカ大手金融業界にも籍をおくなど、数々の仕事に従事。

40才で結婚、43才で出産。

現在子育てをしながら「やりたいことを遠慮せずにやる」NY発信のパーソナルメディア「sakurako.TV」主宰

インタビュー番組「まゆともトーク」を自主制作しYoutubeで放送中。

公開日:2012/06/13

最終更新日:   2015/02/13