陽はまたのぼり、花はまた咲く、、、(祈)

BLOG

宗碧さんが「お礼茶会」を開いてくださった

わたしのお茶のお師匠さん

13100795_811454692322497_2450375438616849242_n

茶人 森宗碧さん ご主人さまとそろってビザが無事整ったということで

「お礼茶会」というものを開いてくださった

 

思い返せば5年前 ご夫婦がNY到着直後に東日本大震災が起こった

おそらく思い描いていた計画はとりあえず横におき

少しでもできることから、、、とお抹茶を点てて寄付を募る、、、ことからまずは始めた

 

いろんなご縁に支えられて

でもほんとーーーーーーに今日までものすごーーーーーく頑張ってらした

全部存じ上げているわけじゃないけれど

いろんな大波小波に

飲み込まれそうになりながらも

おぼれそうにもなりながらも

二人で力をあわせて、のりこえてらした

 

ビザが整い

いよいよここからが、本領発揮のスタートライン

思いっきり自分たちの活動ができる

わたしたち生徒も本当に嬉しいし、楽しみだし、誇りにおもいます。

宗碧さん詢也さんおめでとうございます。

 

 

本当は生徒達が「お祝い」をすべしところなのに、、、

ありがたいことに、先生が私たちのために「お礼」茶会を開いてくださった。

そんなおめでたいお茶会に

お二人がのりこえてらした波が、これからは順調でワクワクに乗っていける波でありますようにと

波の模様の着物に、松竹梅の帯しめて、行ってきた。

13076529_811454682322498_8080132420934218182_n

着物を着ると、どうしてもこういう「でへでへ」顏になるわたし、、、

13096011_811454808989152_2130921764771312809_n

真ん中が森宗碧さん

右側はお稽古仲間のみどりちゃん

日本とアメリカで本を出版している作家さん!!

 

床の間には 「花開く時蝶来る」の色紙

13083284_811454795655820_2313920926827113282_n

「自分の花をちゃんと咲かせていれば自然と蝶はやってくる、、、」

先生のお師匠さんからいただいた色紙だそうだ

13083351_811454742322492_5297881090216514638_n 13087715_811475898987043_6344500427179532562_n

桂棚

13087424_811475972320369_131221637392896606_n

13124830_811476012320365_4201290192980726664_n

いい笑顔、笑い声に包まれてて、、、

お茶会では、私たち生徒は本日「ピン」とくるお茶碗をそれぞれが選ばせてもらった

13102759_811475928987040_6340092008827516292_n

そしてそれぞれの、そのお茶碗を選んだ理由をシェアしあって

それぞれに、その人らしさがにじみ出てとても楽しかった

後ろで、おそろしくいい姿勢で座ってらっしゃるのが

いつも影で妻を支える旦那様の詢也さん この時はカメラマンとして忍者のような静かさで活躍

13076887_811476045653695_7711191140619657825_n

13083188_811454708989162_2819522797700290668_n

お茶碗談義はつきなくて、、、

 

わたしは、即決これ

13096290_811475952320371_2465015205197506056_n

あまりに ザニッポンで、わびさびではないかもしれないけれど

私には、これほど今日にふさわしいお茶碗は考えられなかった。

 

東日本大震災から、森ご夫婦がNY生活を始めてから 5年というふしめ

まだ東日本大震災の問題も終わってないのに

また熊本大震災という大きな震災が起こって

余震が900回以上って、、、

もう想像するだけでも気持ちが重くなってくる

この先どうなっちゃうんだろう、、、って

弱い心が悪いところへいっちゃったりする

 

でも

でも

 

日本は負けない

人々の中にある力が違うから

日の丸の 「陽」のように

明けない夜はないから

そんな国の人たちだから

 

お茶室までの道

見上げると、高層ビルのデッキの大きな植木鉢に八重櫻がみえた

13082638_811454822322484_106301114617985023_n

立派に満開

異国の、全く違う環境でも

日本の桜 立派に満開

 

森ご夫妻が

いろんな苦労の波をのりこえて

きっとこれからさらに花開いていかれるように

 

今日本でどんなに苦しい状況にいらっしゃるとしても

 

日本の花は咲き続ける

日本の陽はのぼり続ける

(祈)

13096290_811475952320371_2465015205197506056_n

 

AUTHOR

プロフィール写真
片岡 桜子 / Sakurako Kataoka

神戸生まれ。
25年前、関西TVニュースキャスターの仕事を辞し渡米。

その後ニューヨークにて、FM802、フジTV、NHKのリポーター、ハリウッドスターのインタビューなどをつとめ、またアメリカ大手金融業界にも籍をおくなど、数々の仕事に従事。

40才で結婚、43才で出産。

現在子育てをしながら「やりたいことを遠慮せずにやる」NY発信のパーソナルメディア「sakurako.TV」主宰

インタビュー番組「まゆともトーク」を自主制作しYoutubeで放送中。

公開日:2016/05/02