物の居場所が決まるまで時間がかかっても、楽しみながら自分を知る 扉3

さくラボ

12651297_767879976679969_1721129248196055093_n

断捨離ふうではないけれど、これも私

 

 

食器なら食器で全部出してきて

一気に減らして

一気に戻して 仕上げる

という方法もあって、それがむいている人も状況もあるだろうけど

 

物がすごく多い人

時間の限られている人

片付けがそもそも苦手な人

には、きついと思う

解決しないままに、時間切れで開始前より状態が悪化して 萎える

(経験者は語る)

 

毎日少しずつ、ぼちぼちプチ断捨離する って今回は決めたので

ぼちぼち行く

 

ゆえに、

 

「あるべきものが あるべき場所にある」

ようになるまでは、物があっち行ったりこっち行ったりするもので

それもまたヨシ

その間に、見えてくる自分もある はず

 

今回こそ処分しようと思っていた

NYで活躍中のアーティストの作品数点

まずはお湯のみ

12651297_767879976679969_1721129248196055093_n

うむうむ なかなかこの肋骨的なデザインと色 さすがはNYで活躍中のアーティスト

って言ったら誰か一人くらい信じてくれるだろかしらん

わたしよ、わたし 片岡桜子作

12662446_767879933346640_2073487452218276333_n12661887_767879963346637_242583322784600603_n

確かこれが第一作

水差しを作ってたはずが

土の重さでお皿になってしまった作品(ぷぷ)

得意げにアパートまで帰ったら

“That’s so beautiful. Don’t throw it away!”

「きれいだよ。捨てたりしちゃダメだ」って

何も言う前から、ドアマンになぐさめられた因縁のお作

これが意外や意外

青い野菜炒めとか入れるとけっこう美味しそうに見えたりするんだからぁ

 

こちらお茶碗

12647168_767879953346638_1654775289435002395_n

てひねりで

でも初心者だから分厚くて、、、

重い!

これにご飯を盛ると、腱鞘炎になりかねないお茶碗

お抹茶はいけるかも 両手なら、、、

 

そしてちょっとお子ちゃまなアイスクリーム でもなんでも入れ

確か二作目

12669561_767879910013309_8986376853463814202_n

まあこのように

才能と、土をこねる腕力と、手仕事中の何気ない英会話力がなくて数ヶ月でギブアップした陶芸教室

もう20年ほど前のこと  ひゃー

 

しかし今回こうやって写真とって改めてながめていると

なんだか

いいんじゃない?

 

売りにいくわけでも

これからプロになるわけでも

誰に怒られるわけでもなく

人さまからはどう見えたとしても

自分で作ったものって、自分にとってやっぱりスペシャル

世界で一点ものさぁ!

 

今までなにやら コソコソと

こんなつまらない物だけど、でも捨てられなくて、、、みたいな?

 

もちろん才能ある人さまの作品は素晴らしい

でも

自分が作った物も愛そうよ 愛でようよ 使おうよ♪

ということで 今回は前向きな気持ちでキープ決定

 

そんなこんなで、同じ棚がああなったり

12715628_767899826677984_6821526218498331978_n

こうなったり

943929_767899843344649_8710123653767308547_n

いやいや これは、NG

棚の中を二階建てにするなど言語道断!

 

一見空きスペースができたように見えて

ぎゅうぎゅうにつめた奥に何が入っているかわからなくなり(私のようなタイプの場合)

その上、空いたところにもぎゅっと収納すると

もう奥の方は完璧デッドスペース 

ただの、使われない物たちの物置になる (元祖収納の帝王かたる)

 

それにしても、、、

12670444_767879766679990_3536058750221194236_n

あたしゃ どれだけお茶が飲みたいんだ?

 

今はなきNY高島屋で買った急須

小さなコップも一緒より

12717418_767879780013322_231042691591066908_n

急須だけの方が なんか際立つ感じがして 好き

12651215_767879790013321_104676258745155560_n

じゃ、コップたちは 扉3の中の ちまちま軍団棚にいれるかな?

と、あっちいったりこっち行ったりするわけです

 

あぁこちらもチマチマ うーん うーん

12715719_767879756679991_8288864452794098136_n

左は台湾のお友達にもらったもの 手触りの不思議さ

右は母と韓国旅行した時おそろいで買ったハーブティー用 世界最強に小さい急須

なんでこんなにおままごとサイズが 好きなんだろ

でも、好きなものは仕方ない

 

要?快?適?

うーんうーん

使っているのか?

つ、つ、つ、つかうつかう、つかうよ (たま〜に)

 

「好き」が、勝ったため今回はキープすることに。

そして

棚を二階建てにする

あーららららら

はい 数行前の前言すでに取り消し

だけど、お皿にまとめたことで、デッドスペース的結末にはならない はず

下のチマチマ軍も、後ろ側に同じものを重ねて何があるか前から見えるように

工夫したので、忘れることもない はず

 

そういえば、、、

子供のころ、1センチくらいの大きさの人形を針で縫って作ったり

大学生になってもドールハウスが大好きで

オランダに行ったときもミニチュアランドは、はずさなかったし

見に行ってるお客より、作った人たちの方が絶対楽しんだに違いない と思って悔しかった(笑)

 

もー仕方ない。何をどうしても

あたしゃ小さくて可愛いものが好きなんだ!文句あるか!

 

どこに向かって吠えてるのかわからないけれど、、、

断捨離のイメージからはほど遠いけれど、、、

12647225_767879693346664_4439773135890636216_n

 

まぁ これもわたし

扉#3 今回は、これにて、よしといたしまする〜

AUTHOR

プロフィール写真
片岡 桜子 / Sakurako Kataoka

神戸生まれ。
25年前、関西TVニュースキャスターの仕事を辞し渡米。

その後ニューヨークにて、FM802、フジTV、NHKのリポーター、ハリウッドスターのインタビューなどをつとめ、またアメリカ大手金融業界にも籍をおくなど、数々の仕事に従事。

40才で結婚、43才で出産。

現在子育てをしながら「やりたいことを遠慮せずにやる」NY発信のパーソナルメディア「sakurako.TV」主宰

インタビュー番組「まゆともトーク」を自主制作しYoutubeで放送中。

公開日:2016/05/03