輝くほうれんそう

面倒な作業を手をぬかずに愛を込めてやる人の所作はきれい

538482_230029970464975_1371645640_n

ゆうべ、お友達がおうちに呼んでくださった。

年末年始超アメリカンな毎日で「感じがでないな〜」とぼやいていた私の心にしみるお正月料理の数々。すてきなおうち、お部屋の飾りもセンスのいい美しい器たちも素晴らしかった。

ご本人は「そこじゃない」とおっしゃるだろうけれど、でも私にとって一番印象的だったのは彼女のほうれん草のしたごしらえ。

宅配されてきた束を見て「あぁ、今日のはちょっと手間がかかるね」といいつつ、

シンクを清めてほうれん草の束を解き、静かにじっくり汚れを落としその中からシャンとした葉をひとつひとつ、それはそれは丁寧に選んで、、、

選び抜かれたほうれん草君たちはキラリと光って誇らし気。それがはいったお雑煮のおいしかったこと。

急げ急げで、ガザガザぱしゃぱしゃバサッじゃなくて、日々の生活の中の小さく、面倒な作業を手をぬかずに愛を込めてやる人の所作はきれいだった。

AUTHOR

プロフィール写真
片岡 桜子 / Sakurako Kataoka

神戸生まれ。
25年前、関西TVニュースキャスターの仕事を辞し渡米。

その後ニューヨークにて、FM802、フジTV、NHKのリポーター、ハリウッドスターのインタビューなどをつとめ、またアメリカ大手金融業界にも籍をおくなど、数々の仕事に従事。

40才で結婚、43才で出産。

現在子育てをしながら「やりたいことを遠慮せずにやる」NY発信のパーソナルメディア「sakurako.TV」主宰

インタビュー番組「まゆともトーク」を自主制作しYoutubeで放送中。

公開日:2015/02/04

最終更新日:   2015/09/22