ピアノが結んでくれた        通りすがりの一期一会

BLOG

野点夫人 NY野点の心は、Love & Connect

6月にはいって

やっと、ピンクの小さなばらが咲きみだれる

IMG_7929

正真正銘気持ちのよい季節がやってきた♪ とある日曜日

ちょっとパワーウォークして、ご褒美がわりにお抹茶を一服、、、

と自分のために、Hideminy さん作のゲットしたばかりの

そのばらの花と同じピンク色のお茶わんを大事にもって

FullSizeRenderFullSizeRender 3

ついでに前の日にファーマーズマーケットでゲットした小粒のイチゴで

初めて作ってみた チビ苺大福ひとつ持って

13346433_830598157074817_2558472652452188248_nIMG_7907

いざ!イーストリバーへ

すると、、、パワーウォークもそこそこに

どこからともなく聞こえてきたピアノの音♪

屋外でピアノを弾かせてあげたい人が心にあったので

ふらふらと近寄ってみると、、、

銀ピカのピアノを弾く親子

IMG_7918

なんでもこれは、Sing for hope pianoというプロジェクトだそうで

 

2016年は6月の9日から19日の10日間

プロのビジュアルアーティストによってアートされたピアノが

NYの街のあちこちに設置され

誰でもが触って弾いてもいいことになっている

1万人以上の人たちがピアノに触れて楽しみ

会期終了後は、NY内の公立の学校へ寄付されることになっているプロジェクト

 

というわけで、子供のめちゃくちゃ弾きから

なんの変哲もないおじさんが、スーパーからの帰りにしれーっと

ビリージョエルを弾いちゃったり する

ここまでで、この日は十分に素敵だった

 

ところがそれだけでは済まなかったのだ

このママの方のピアノを聴きながら

たまたま隣にいたご婦人と何気に話し始めて

なんとなく、なんとなく、いい感じで

「今、瞑想のクラスから帰ってきたところなの」

とか言うから

ピン!

ときてしまった。こういう人ならきっと

「わかってくれる!」

 

「あの、私、今お抹茶道具を持ってるんですけど、

一服さしあげたい気持ちなんですけど、どうでしょう。」

 

と、聞いてみた。

おー自分でもびっくり 何を言うやら

 

そうしたら

“YES!”

というじゃないか。

 

なんでも昔昔に一度体験したことがあるそうな

そうなれば話は早い

 

近くのピンクのばら咲く木陰のベンチで 小さな野点のスタート!

このベンチがまた 座るところが平らではなくカーブしてるので

思ったところにお道具がおけず、、、ではあったけれど

 

私が始めて作った イチゴ大福を ”Delicious!” といって

おいしそうに食べてくれた

そうして 私の名前が チェリーブロッサムという意味だとわかると

 

「ちょうど持っているので

あなたのお名前にちなんで私からもプレゼント。」

と、チェリーを乗せてくれた。

IMG_7927

ベンチのカーブでお道具が、所定の位置におけないのみならず

傾いてしまったりするのを

ご自分の持ち物を駆使して平らにしようとしてくれたりと かなり協力的

 

こちらが一方的に完璧なセッティングで完璧な用意をして完璧なおもてなしーも素敵だけれど

こんなふうに

その場所で、ある物で一緒に いい時間にしていく

っていうのも なかなか素敵だった

 

「サマージョブでNYにやってきて、そのままもう60年!」

、、ということは 70代後半?わっかーい!

FullSizeRender 2

あんなところでピアノを聞けただけでもすごかったのに

こんな経験もできるなんて、、、

オンリーNYね

 

と、リアさんにっこり

確かに

誘うほうも誘う方だけど、イエスと言う方も言う方

二人で ”Only New York!” とうなずきあう

 

そしてお抹茶を一口

「あら、昔昔より おいしい気がする」

と、嬉しいことも言ってくれた。

 

いろいろ質問もしてくれて

「ルールがあるからこそ、かえって豊かな表現ができるんじゃないか」と私が言うと

「自分は刺繍をやってたのだけれど、制約があるからこその自由があるので、分かる気がする」

などと、話は尽きない

 

「若い頃にも数年習って好きだったけど、仕事や他のことに忙しくなって

やめてしまったの。あのままずっと続けていたら、、、ってちょっと後悔。」

というと

「お稽古はやめたのかもしれないけれど、人生の他の道を通ってたくさん学んで

そして今またここへ戻ってきたのだから。 何も無駄はなかった。それでよかったのよ。」

 

と言ってくれた。

 

お抹茶を飲み終えて、お茶わんの中をみたリアさん

「あらま、ハートが!」

IMG_7926

声が少し震えていたので、な、泣いちゃうのかと思ったけれど

そうではなかった ほっ

でも一層 にっこり ほっこり

 

すごいよね

一服のお抹茶で

さっきまで、全く、名前もその存在すらも知らなかった人と、出会い

なんだか、深いところでつながり、通い合う このあたたかい確かな感じ

それがその時かぎりの一瞬のものであったとしても

 

ひたひた ほこほこ

計画して、無理やり作れるものじゃないけれど

ふわっとふいてくる風のように

自然にさりげなく、そんな時間になったとき

 

しあわせすぎる

朝起きたときには、予想もできない

まるで

神さまからのプレゼントみたいな

Love & Connect

な瞬間

FullSizeRender

この写真を送ると返事が来た

「あの日、あれからずーっとニコニコしながら家まで帰りました。

すてきなギフトをありがとう。ずっと続いています。」

 

そんなふうに受け止めてくださってありがとう❤️

お抹茶のかみさま 素敵なひとときを ありがとうございます!

 

野点夫人 NY野点の心はLove & Connect

だから Hideminyさんのところで のだてんしにあった時、すぐに名前も決めました

Love & Connect  愛&結なのでありました

この「かんじ」を忘れないように いつも一緒にいてもらうのです。

image

 

AUTHOR

プロフィール写真
片岡 桜子 / Sakurako Kataoka

神戸生まれ。
25年前、関西TVニュースキャスターの仕事を辞し渡米。

その後ニューヨークにて、FM802、フジTV、NHKのリポーター、ハリウッドスターのインタビューなどをつとめ、またアメリカ大手金融業界にも籍をおくなど、数々の仕事に従事。

40才で結婚、43才で出産。

現在子育てをしながら「やりたいことを遠慮せずにやる」NY発信のパーソナルメディア「sakurako.TV」主宰

インタビュー番組「まゆともトーク」を自主制作しYoutubeで放送中。

公開日:2016/09/05