最高の森野点 「夏限定のアウトドア和の空間に野点にきませんか?」

BLOG

着物でプチトリップ

「夏限定のアウトドア「和」空間を作ったので野点いかが?」

image

と、マンハッタンから列車で1時間くらいの緑豊かなエリアに住むお友達の千子ちゃんが

誘ってくれた

頭の中でパッと浮かんだ

あ、それならそこはお着物で、、、の図

ただ、お誘いの時から当日まで、

かなりの時間が経っており状況が変化していたにもかかわらず

 

その「そもそもの図」を実現して着物でアムトラック、ハドソンラインに乗り込む

 

1時間ほどの列車の旅

お連れとハドソン川上流と、写真撮影などしている間に到着

image image image image

一泊の旅に大きな荷物?

ビューティーグッズじゃないよ

楽器やら野点グッズやら

遊び道具がい〜っぱい

入っているのです

 

ビーナスのようなユキにゃん

image

でもついた頃には、すでに宴会が盛り上がっており(やっぱり)

即、酔いどれスタイルに着替える

image

うーん。

ドラムにハーモニカ、笛に、ハープに音叉やカリンバ、子供用のザイロフォン(わたし)

さすがの私も、どう入っていいか、、、さぐっているところ

 

うーん。と唸って、とうもろこしに食らいつく別人28号image

しかし、この展界は実は想定済み

 

一緒に行くのが 音叉ヒーリングのプロ 星ゆき さんで

千子ちゃんと三人で

彼女たちが奏でる音叉と、ドラムの音で遊んだ後の

 

森野点

の図も浮かんでいたので

和風仕立てと洋風仕立て

両方の野点セットをもっていたのだもーん

野点夫人はフレキシブル 用意万端

やがて宴会もお開きとなり

 

ちゃんとお部屋があるのに

「デッキでテントはって寝たい」

と言い張る変な客

本物の自然をこなす実力はないくせに

やたらアウトドア大好きな野点夫人

image

「えっ?それは、、、初めてかも、、、でもいいよ 好きにして」

と夢を叶えてくれた千子ちゃん ありがとう

 

中にはエアーマットもいれてくれて

シチーガールはVIP待遇

image image

それに付き合わされて 人生初テントを体験する ユキ嬢

心の広いお友達とはありがたいもの、、、

 

朝までぐーすか

そして、鳥の賑やかな声とさわやかな朝の風でめざめる

テントの窓から見える緑、、、

あぁこれこれ、 そして、、、曇っているのに

そこだけ一筋の朝陽が!!

あぁ ミラクル!!

 

と思ったけど

実際は ミラクルでもなんでもなく、こういうことだった

image

なんだ、電灯か、、、

失礼しました

ミラクル 終了

 

さて、野点道具やら

森の音楽隊道具やらいろいろかついで

いよいよ待望の森へ、、、!!

image

近所の少年ではありません

最近 ネイティブドラムをゲットした千子ちゃん

背中にかついでいます

 

自然界の精霊たちと一緒に生活してる(かわいい)仙人みたいな人だし

ユキさんも、音叉ヒーリングの他に  「そらくも」シリーズの

それはそれは美しい雲の写真を撮り続けてる人で

ふたりとも

スピリチュアル度 神秘度 超高し

 

私は、不思議なことが 「見える」わけでも「聞こえる」わけでもないんだけど

でも

たま〜に

まんざら捨てたもんでもない、「感じる力」を発揮する こともある

凡人

 

お二人の空気感にも感化されて、、、

「野点スポット探し」の時に

まさにそれが起こったのでありました

森の精霊か、のだてんしか、はたまたゴザのかみさまか、、、

スンバラシイ場所が用意されていたのでした

 

AUTHOR

プロフィール写真
片岡 桜子 / Sakurako Kataoka

神戸生まれ。
25年前、関西TVニュースキャスターの仕事を辞し渡米。

その後ニューヨークにて、FM802、フジTV、NHKのリポーター、ハリウッドスターのインタビューなどをつとめ、またアメリカ大手金融業界にも籍をおくなど、数々の仕事に従事。

40才で結婚、43才で出産。

現在子育てをしながら「やりたいことを遠慮せずにやる」NY発信のパーソナルメディア「sakurako.TV」主宰

インタビュー番組「まゆともトーク」を自主制作しYoutubeで放送中。

公開日:2016/09/13