「一番身近にいる人を、本気でもっと大事にする」

一緒に食べるだけじゃなくて、変な気を使うというのでもなくて、本当にそこにいて、本当に皆で話をした。

自己満足だとしても、いい朝だった。

 

 

「一番身近にいる人を、本気でもっと大事にする」
結局身内だから、遠慮がないから、甘えているから、当たり前になってるから
なぜか一番手抜きをし、後回し、ないがしろにしてしまうのが、、、家族。特に夫。
「ちょっと忙しいの」で寂しくさせてしまうかもしれないと、子供には思う。でもあまり夫には思わなかったりする。だって、大人だし。男だし。。。
きゃあ!いかーん!それはいかーん!と、改めて肝に銘じた。
春休みに2週間母+子は神戸に里帰り。
そこでまたまた私は、すごいお方+その仲間たちに出会い(その話はおいおいと、、)
人生の裏表がひっくり返るようなてんこもりの気付きと
小さいながら大まじめな決意表明をこれまた山盛りスーツケースに詰めて
ニューヨークに帰ってきた。
今朝、土曜日の朝6時から家族で近所のダイナーで、超アメリカンな(量も内容も)朝ご飯。夫を大事にしようというならもっと健康的な手料理で、、、って、まあ今日のところは、そこはつっこまないでおくんなまし。ポイントはそこじゃないから。そして(注:ニューヨークではこれで悪い妻、母とはののしられませんーいい国だぁ)
まだ時差ぼけで超早起きしている子供を連れてワッフル食べに行くと言う夫。

903373_282608068540498_894214357_o

 

いつもなら「あっそう」と、行動派の父+子に任せて私は一人の時間を楽しむの図。でも今朝は慌てて用意して一緒に行った。

ただ、一緒に食べるだけじゃなくて、変な気を使うというのでもなくて、本当にそこにいて、本当に皆で話をした。
自己満足だとしても、いい朝だった。

AUTHOR

プロフィール写真
片岡 桜子 / Sakurako Kataoka

神戸生まれ。
25年前、関西TVニュースキャスターの仕事を辞し渡米。

その後ニューヨークにて、FM802、フジTV、NHKのリポーター、ハリウッドスターのインタビューなどをつとめ、またアメリカ大手金融業界にも籍をおくなど、数々の仕事に従事。

40才で結婚、43才で出産。

現在子育てをしながら「やりたいことを遠慮せずにやる」NY発信のパーソナルメディア「sakurako.TV」主宰

インタビュー番組「まゆともトーク」を自主制作しYoutubeで放送中。

公開日:2015/02/04

最終更新日:   2015/09/22