ゴーフルはアメリカの子供にもバカうけ

901775_284315568369748_376483561_o

「アーリィガツォ」「アリガトウ」とわざわざ日本語で
お礼を言いにくる

神戸が世界に誇る味は、神戸ビーフだけじゃないっ!
神戸を代表するお菓子といえば、風月堂のゴーフル。

アメリカの子供にもばか受け!
「アーリィガツォ」「アリガトウ」とわざわざ日本語でお礼を言いにくるところも、ちょっとぐっとくるじゃないか。

こちらでは、誕生日に親がカップケーキやドーナツをクラス全員に差し入れして、キャンドルをともしてみんなに歌っておめでとうを言ってもらって、めでたしめでたしーという習わし(?)がある。

もちろん強制ではないけど、うちの子の学校でもそれはよくおこなわれる。保育園から毎年なんやかやと持ち込んだ。ただしそんな平和なことができるのも4年生の今年までらしい。さすがに5年にもなると勉学にいそしめと。

「もう今年で最後だから。来てほしい」と言うので、ならば春休みかえる時に買ってこよう。日本らしいものはどう?もう最後だ。ちょっと豪勢にいこう。神戸の味で祝ってもらおうじゃないか。と、誕生日からはかなり時間がたってるけれど、ゴーフル持参で教室へ。

世界中、子供は同じだね。
オレオクッキーじゃないけれど、、、。

894079_284315638369741_493627007_o

あの外側のうすいところが割れないように、そっと二枚をはがしてみる時のスリル。

チョコ味、バニラ、イチゴの順に食べようと思ってるのに、すきまからのぞく色にだまされてイチゴから食べてしまった時の悔しさ。好みの味を友達と交換したり。

(机の上にじかに置くのが無性に気にはなったけど、、、おそし)

バニラ味の片側ととイチゴ味の片側を合わせなおして
食べてみるーなんていう個性的な技も飛び出し、大ヒット〜!

そこで
「あーあ。大嫌いだったな。」とつぶやくある男子。

「えっ?」
でもなんかにやにやしてる。

その子の袋は一番に空っぽ。
「一番最初に、きれいに全部食べとうやん!」(神戸弁)

つっこませてくれるのも、いとにくし。

神戸風月堂
創業1897年 ゴーフルができてから85年だそう。
あのカシュカシュとした繊細な噛み心地。
甘さがほどよいクリーム
いくつになっても、誰にとっても
いやいやおいしいだけでなく、とてつもなく楽しいお菓子
大荷物の長旅にも軽いのもありがたい。お土産のつもりがついつい自分で食べてしまったりする(ごめんなさい)

ゴーフルをご存知ない方はこちら

http://www.kobe-fugetsudo.co.jp/sweets/gaufre/gaufre.html

AUTHOR

プロフィール写真
片岡 桜子 / Sakurako Kataoka

神戸生まれ。
25年前、関西TVニュースキャスターの仕事を辞し渡米。

その後ニューヨークにて、FM802、フジTV、NHKのリポーター、ハリウッドスターのインタビューなどをつとめ、またアメリカ大手金融業界にも籍をおくなど、数々の仕事に従事。

40才で結婚、43才で出産。

現在子育てをしながら「やりたいことを遠慮せずにやる」NY発信のパーソナルメディア「sakurako.TV」主宰

インタビュー番組「まゆともトーク」を自主制作しYoutubeで放送中。

公開日:2013/03/30

最終更新日:   2015/09/22