歌うことと人生のコツは少し似てるのかも?

BLOG

Stay with uncertainty

 

歌では辛い思い出だらけの私だけど
一度 NYのプロのレッスンを受けてみようかと何故か思い立ち、ロスNYでベスト8に入ってるらしいヴォイスコーチのところへ行ってみたら びっくり

磨けば光る原石かもよーみたいな上手いこといわれたのがひと月半ほど前

騙されたと思ってまだ通ってる
練習曲は
「決してスタジオ以外で歌ってはならない」

勝手に歌って外で恥をかかないようにーという配慮かと勘違いしてたけど、自己流に練習して変な癖がつかないように だったらしい

毎度のレッスンは、床に寝転んで呼吸に発声に、運動に、意味不明な動きの練習、、、

ほんまかいな だし
退屈だし 歌を歌うとこまでなかなかいかない
大人なので、そこが一番大事とわかってはいても なんかねー つまんねー
これじゃちょっと高いんじゃないーって思ったり

それにしても
どうして人(私は か)声が途中で
ひっくり返るかもーというのが怖いんだろう
恥ずかしい 通り越して怖い

「君の頭がパニクってるだけ」

“Stay with uncertainty.”

「(どんな声が出てしまうかわからない)
不確かさ と共にいなさい」

とコーチは言う

どうなるかわからない不確かさ
それに伴う不安 恐怖
あらがうことなく共にいて

自分を人を信用して
勇気を出して
とにかく飛び込んでみる
声を出してみる

確かに
イケメンの前で恥ずかしいけど
死ぬ訳でもなく
あははで済む話

恋愛だって
結婚に結びつくかどうかはっきりさせてからでないと付き合わないーでは
話進まないものねえ

Stay with uncertainty
不確かさとただ共にある

そんなこんなでひと月半ほど経った昨日
最初の日に歌った曲をやっと歌わせてくれた

先生の伴奏 が始まって
なんかキーが高い気がしたーけど
そのまま続行

出だしの音ですらアルトの私には最強高いのに、途中でまださらに音が上がる曲

絶対無理、、、、、、、、だった

ひと月半前の私なら
それがなんということでしょう

生まれて初めて
地声で気張らず引きつらず苦しくもなく
まるで自分では無いような感じで
楽々に気持ちよく (あくまで当社比でですけど)あり得ない音、声が出てきたのです!
我が人生で初めて!

不確かさと共にいる
それでも飛び込んでみる勇気
失敗しても大丈夫 自分と人への信頼
そして結果を期待しない
掴みに行かない

それが体験させてくれた

私にもできるんだ!
こんな音/声が自分の中にずっとあったことを 知りもしないまま ましてやそれを出してやることもしないまま
「私、本当に歌えないので」
って思い込んで今世終えるところだった
良かった
オーバーだけど

だから今からプロ目指すーとかじゃないけれどね

でまた面白いのは
ここは人間

1回目は先生が黙ってわざとキーをあげたので???と思いながらも狙ってなかった
今までの 結果が 出てきただけ

2回目は 「高い」ことがわかって
「出せる」ことがわかって
それを掴みにいったので
ややゴリ押しな声になったのも
さすが人間だ

信じて期待せずつかみにもいかず
目の前の今やるべきことを
黙々とやる
その結果
まだ見ぬ自分に会えるかもしれないって
素敵よね

苦手 と思い込んでいたことも
また大人になって試しにやってみるのもいいもんだ

誰の中にもあるのかも
歌に限らず
「まさかーそれだけは絶対ない」と本人が思い込んでるから、
そして正しい出し方を知らないから

出てこれない その人だけのものが
もったいないよなー

AUTHOR

プロフィール写真
片岡 桜子 / Sakurako Kataoka

神戸生まれ。
25年前、関西TVニュースキャスターの仕事を辞し渡米。

その後ニューヨークにて、FM802、フジTV、NHKのリポーター、ハリウッドスターのインタビューなどをつとめ、またアメリカ大手金融業界にも籍をおくなど、数々の仕事に従事。

40才で結婚、43才で出産。

現在子育てをしながら「やりたいことを遠慮せずにやる」NY発信のパーソナルメディア「sakurako.TV」主宰

片岡桜子(長い長い)プロフィールはこちら

公開日:2018/03/20

最終更新日:   2018/03/29