想像を絶するひどいできごとを受け止めるということは

そんなものんじゃない!とおこられた。

そんな、「受け入れる」、、、なんて簡単なもんじゃなかったと思うと。
なんかこう、、、それを、、、食べる、、みたいな、、
そこまでひどい出来事と、もうその人が一つになってしまうくらいな感じ。
そこまでして、そして許して、そして、ビルを、町をつくりなおしたんだよ。きっと。

日本語学校の作文のテーマが「平和について」で
一緒に広島の原爆投下前後のドキュメンタリー番組をみた

うちのおぼっちゃん、日本語の会話は問題ないけれど
週に数時間の日本語学校で日本の6年生として作文を書くのはむずかしい。

おまけに英語で頭の中で考えることはこれまた高尚すぎて、
英語でのアイデアと、書ける日本語がマッチせず。

仕方ないので英語でまず自分の意見を書かせて
それをいちいち自分で日本語に訳させてみた

広島の人たちは、原爆を落とされてあんなにひどい目にあっても
それをaccept して、というのを訳せずにいるので
「受け入れて」と助け船をだしたら

絶対そんな軽いことじゃない!と怒られた。

だからそういうことを日本語で「受け入れる」と言うのさと言ってみたけど納得しない。そこは譲れないらしい。

そんなもんじゃない
普通に立ってて、普通に受け入れたんじゃないはずだと言い張る

もどかしいながらも、きめつけないで
幼稚に聞こえる、彼が伝えたい言葉にそのまま身をおいてみた

「そこまでひどい出来事を、食べるみたいにして、もうその出来事と、人が一つになってしまうくらい、ひとつになって。そして許して、そして、ビルを、町をつくりなおしたんだ」

不覚にも涙があふれた

AUTHOR

プロフィール写真
片岡 桜子 / Sakurako Kataoka

神戸生まれ。
25年前、関西TVニュースキャスターの仕事を辞し渡米。

その後ニューヨークにて、FM802、フジTV、NHKのリポーター、ハリウッドスターのインタビューなどをつとめ、またアメリカ大手金融業界にも籍をおくなど、数々の仕事に従事。

40才で結婚、43才で出産。

現在子育てをしながら「やりたいことを遠慮せずにやる」NY発信のパーソナルメディア「sakurako.TV」主宰

インタビュー番組「まゆともトーク」を自主制作しYoutubeで放送中。

公開日:2014/11/13

最終更新日:   2015/01/24