作業ひとつひとつが、「本当のわたし」につながる宿題

懺悔:薄い薄い、遠い昔のご縁を頼らせてもらって

今まで人様のイベントのお知らせをお願いしてきた、地元の邦字新聞。

でも心の奥で、「あ〜こんなに人のために使ってたら、自分の時はもうないな」って、

きっとどこかで思ってた。

減る気がしてた。

だからなんかこそこそっと、歯切れ悪かったわたし。

そしてやってきた自分の番。

自分のためにお願いするって、なんでこんなに勇気がいるんだろう。

でも、トライもしなかったら絶対後悔すると思って、正直にお願いしたら本当に載せてくださった。

作業ひとつひとつが、「本当のわたし」につながる宿題みたいにね。

AUTHOR

プロフィール写真
片岡 桜子 / Sakurako Kataoka

神戸生まれ。
25年前、関西TVニュースキャスターの仕事を辞し渡米。

その後ニューヨークにて、FM802、フジTV、NHKのリポーター、ハリウッドスターのインタビューなどをつとめ、またアメリカ大手金融業界にも籍をおくなど、数々の仕事に従事。

40才で結婚、43才で出産。

現在子育てをしながら「やりたいことを遠慮せずにやる」NY発信のパーソナルメディア「sakurako.TV」主宰

インタビュー番組「まゆともトーク」を自主制作しYoutubeで放送中。

公開日:2015/02/22

最終更新日:   2015/09/22