手を差し出しあうも他生の縁

ドキドキでも手を差し出してみたらかなり素敵なことに、、、

昨日突然子供の学校から電話がかかってきて「具合が悪そうなので今すぐ迎えに来てやってくれ 」と言われた

母走る

雨の中、タクシーがつかまるかと
思ったその目の前にタクシーがとまり
人が降りてくる模様

やった!ついてる!
ドアを開けて出ようとしているのは
杖を持った高齢の女性
座席も高く、降りようとしている地面も
水たまり

杖で危なげに歩く日本の父の顔が
浮かんできて思わず

手を差し出した
(よかったら私の手につかまってください)

そんな手をハッキリ拒否する人もいるからね
この町は
内心ドキドキ

でもその人は
一瞬びっくりした顔してから
それでもしっかりつかまってくれて
無事着地

よかった
本人もニコニコで何度も”Thank you”
と言ってくれた
いえいえそんな、こちらこそ

そうしたら奥にもうひとり
若い男性が乗っていて
どうやら息子さんらしい

きっと本当は自分が先に降りて
お母さんを助けたかったんじゃないかと思う
役に立たない側に座ってしまって
はがゆかったかも
少なくとも計画性のない私には
そういうことがよくある
一緒にして申し訳ないけど

彼は降りながら
“Thank you, thank you, really thank you
That’s so sweet”
と何度も言ってくれた

そして そう言いながら
今度は彼の手が
私の乗ったタクシーのドアを
そっとしっかり閉めてくれた
(日本と違って自動ドアじゃない)

その向こうでお母さんがまた
ニッコニコで手をふっていたので
私も思いっきり手をふった

袖ふれあうも
手をふりあうも
手を差し出し合うも
きっときっと他生の縁

パニクって走る母を
一瞬で元に戻してくれた
知らない親子さんとのかかわりでした

AUTHOR

プロフィール写真
片岡 桜子 / Sakurako Kataoka

神戸生まれ。
25年前、関西TVニュースキャスターの仕事を辞し渡米。

その後ニューヨークにて、FM802、フジTV、NHKのリポーター、ハリウッドスターのインタビューなどをつとめ、またアメリカ大手金融業界にも籍をおくなど、数々の仕事に従事。

40才で結婚、43才で出産。

現在子育てをしながら「やりたいことを遠慮せずにやる」NY発信のパーソナルメディア「sakurako.TV」主宰

インタビュー番組「まゆともトーク」を自主制作しYoutubeで放送中。

公開日:2014/11/18

最終更新日:   2015/09/22