生ゴミが、また花となり、私たちの命にもなってくれる!

生ゴミが、また花となり、私たちの命にもなってくれる!
ま、まさか こんな日が自分にやってくるとは!

私的に大変珍しいことをやって、

今日のNY地方の雨を降らせたのは私かも。

ご飯の用意で出た生ゴミを
(冷凍庫で保存して、それをこの忘れっぽい私が忘れずに)
ユニオンスクエアーにある回収所へもっていった!!

lower east side ecology center (http://www.lesecologycenter.org/composting/compostdropoff.html)というところが
やってくれているプログラムで

生ゴミは、ここからちゃんと処理されて

三ヶ月後には、肥料や肥えた土へと姿を変え、
同じ場所で販売される。

そしてまたそれが
新しい命を生み出し
私たちの命の一部にもなってくれる!

なんてすごいんだろう

考えてみれば
生ゴミ=汚い=くさい などと連想するけれど
それもずいぶんと失礼な話

「人参は自分よりもはるかに固い土を
掘って掘って掘って命いっぱい生きて来た。
私たちがいただくのは、
にんじんを祝福してくれた宇宙の全エネルギ-
(雨、土、空気、人力などすべてーという意味ー桜)の
凝縮物なんです。
このエネルギ-を体に入れることによって、
私たちはこの地球上で生きてられるし、
私はこうしてしゃべることができるんです。」
(船越康弘&かおり著 野菜たっぷり重ね煮レシピより)

そんな野菜の命をもらっておいて、自分が食べられないから
生ゴミと呼んで捨てるって
めちゃくちゃ傲慢なことだったのかも
(だしをとったりして、全部使いきる方もおいでだけど
まだそこまでいけないので)

エンパイヤーステイト㌱と同じ量のゴミを
毎日排出しているニューヨーク。

私もおおいにそこに加担しているので
えらそうなことはいえません すみません

でも、今日感じたのです

いただけなかった「命ののこり」をゴミという「害」にするのか
それとも
またそこから花や野菜を生み出してもらうのか

決めるのは自分だって
というか
自分で決められることなんだ って改めて。
そこがスゴイ

「そうするべきもの」
「みんながそうしてるから」
「はやってるから」
「そういう流れだから」

じゃなくて

小さいけど
オーバーに言えば宇宙の一員としての
自分が正しいと感じた決断を
思ってるだけじゃなくて
実際に行動にうつせたことが嬉しいのさ
自分でびっくりだ

決断して、忘れず、先送りにせず、行動にうつせた
ささやか~なことだけど
それでも少しだけでも寄与できる
すべての仕組みに
感謝の気持ちを示せるってもんだ

「今頃何言ってんだ」って
笑わないで、からかわないでやっておくれね
何だってなにごとも「本当にわかった」時がはじめドキ

今までこういうのは、
「特別な意識のある偉い方達だけによる素晴らしい行動」
とずっと思ってた。(再びすみません)

でも
できたんですよ
こんな怠け者の私でも

今朝、しばらく見ていると
雨の中、「心ある人たち」が
生ゴミをもってやってくる
一人、またひとり と

o0213015912811153583

老若男女を問わず
わ~ すごい ありがとう!そして
今までごめんなさい

この、恥ずかしながら、本当にはあまり意識が高くなかった
残念ながらその部分はかなり落ちこぼれ主婦感のある
(今までは!と強調しますがね)
この私がマジで持っていったなんて、、、やっぱり奇跡だ!

なんて気持ちがいいんだろう!
なんという達成感!

想像してごらんよ
こんな小さな行動ひとつで

同じものがゴミのままもっと汚くなっていくか
あるいは花や野菜に変身して
知らない誰かをちょっと元気に幸せにするか
決まるなんて
すごくない?

こんなに嬉しいと
なんだか私でも続けられそうな予感
うきうきしてきて なんだか

スィーンギング イン ザ れ~い~ン♫ ♫
たったた~ん♫

AUTHOR

プロフィール写真
片岡 桜子 / Sakurako Kataoka

神戸生まれ。
25年前、関西TVニュースキャスターの仕事を辞し渡米。

その後ニューヨークにて、FM802、フジTV、NHKのリポーター、ハリウッドスターのインタビューなどをつとめ、またアメリカ大手金融業界にも籍をおくなど、数々の仕事に従事。

40才で結婚、43才で出産。

現在子育てをしながら「やりたいことを遠慮せずにやる」NY発信のパーソナルメディア「sakurako.TV」主宰

インタビュー番組「まゆともトーク」を自主制作しYoutubeで放送中。

公開日:2014/01/12

最終更新日:   2015/09/22